うつ病の症状は危険信号です|悩める人を救う術

うつ病の症状とは?うつ病と向きあおう

近年増加傾向にある

カウンセリング

個人差があります

うつ病は、近年増加傾向にあるといわれています。心の風邪といわれることもあります。ストレスなどで、気分が落ち込むことを指すと考えられている方も少なくないのではないでしょうか。しかし、うつ病は心の問題だけではないことがわかっています。脳の働きの問題である場合も少なくないのです。気分が落ち込んだり、何もやる気が起きないなどのうつ状態が二週間以上続いたら、うつ病の可能性が高いです。早めに精神科や心療内科に行くことをおすすめします。うつ病には、本当にさまざまな症状があり、個人差も大きいのです。心の症状だけでなく、体の症状もあります。心の症状は、気分の落ち込みや無気力感、悲しくなる、希望が持てないなどの抑うつ状態がよく知られているかと思います。また、思考力の低下や集中力の低下、注意散漫などもあります。体の症状は、睡眠障害、食欲の低下や過食、疲労感が取れない、頭痛、動悸などです。上記の症状が続く場合は、インターネットのうつ病チェックなども試してみましょう。そのようなサイトなら、手軽にチェックすることができます。しかし、病院に行かなければ正確な判断はできません。無理に行かなくても良いですが、治したいと思ったら病院に行くことで、楽になることもあります。

先生との相性も

うつ病は、まわりに理解されにくい病気でもあります。まわりの理解がないと、症状が悪化してしまうこともあるのです。まわりにうつ病の可能性がある方がいる場合は、見守ってあげましょう。また、頑張ってという言葉は禁句だといわれています。これは、うつ病になってしまう方は責任感が強い人が多いと考えられているためです。頑張ってと言うことにより、プレッシャーを与えてしまい、余計に症状がひどくなってしまうという説があるのです。そのため、できるだけ頑張ってと言わないようにしたほうが良いかもしれません。また、精神科や心療内科の先生との相性も大事だといわれています。心の病気は長期的な治療となる場合が多く、医師との相性が悪いと病院に行くこと自体がストレスになることもあります。そのため、相性の悪い医師を無理に頼るのは逆効果です。他の病院で治療を受けてみる、またはセカンドオピニオンを確保するなどで相性の良い医師を探すようにしましょう。相性の良い先生に出会うことで、劇的に症状が改善したという方もいるのです。また、脳の問題の場合もあるため、きちんと調べてくれる先生は信頼できるといえます。うつ病の可能性がある方も、まわりにうつ病の方がいる場合も焦らずゆっくり改善を試みましょう。

周囲の協力

周囲の理解を得られにくいうつ病は非常に厄介な病とも言えるでしょう。実際にうつ病に掛かっていることさえ症状に悩まされている本人が気付いていないことも多いので、とても危険です。うつ病は現代人の多くの人がある時突然発症してしまう危険があるのです。日頃から気分に落差があるといった人は、うつ病を患っている可能性があります。また、元々性格上そういった人も存在している事もありますが、普段は真面目で情緒が安定している人が急に普段は見せることのない感情を露骨に表現することがあれば、うつ病かも知れないと思っても、決して心配し過ぎではありません。身近に性格が変わって周囲に大きな影響を与えている人がいれば、親身になって相談に乗ってあげるようにしましょう。心に大きな負担を抱えている可能性があるのです。必要に応じて病院の利用を促すことが周囲にいる人の役割なので、理解を持ってうつ病の可能性がある人と接するようにして下さい。

ハートを持つ看護師

気分の落ち込みによる病気

うつ病は誰にでも起きうる病気です。一人で悩まずに、うつ病の症状が見られた時は病院を受診しましょう。うつ病は「こころの風邪」とも呼ばれ、他の病気と何ら変わりません。つらい症状を一人で我慢せず、診察をうけることが肝心です。

もっと読む

女の人

発症以降の留意点

うつ病は、発症時でも治療段階でも症状を詳しく具体的に整理して医師に伝えることが大切です。そのために有効な手段となるのが、日々の体調の推移などを日記に記しておくことです。このような目的で記した日記は、医師への情報伝達に有効なだけでなく、再発予防にも役立ちます。

もっと読む

ドクター

辛い病気です

うつ病はとても辛い心の病気です。重症になると長期にわたり治療を続けなければなりません。症状が軽い間に、信頼できる医師を探し受診することが大切です。家族や周りのために、できるだけ早期に完治できるように医師とよく相談しましょう。

もっと読む